第1回 ミニニノミヤ 子ども会議 レポート

2019年11月10日(日)、二宮町町民センターにおきまして、第1回 子ども会議「ミニニノミヤ」を開催しました。2019年2月9日に開催される「令和元年度 子ども会祭り〜ミニニノミヤ」を運営する、子どリーダー40人が集まり、自分たちで企画を立て、運営方法を考えて、制作をするなど、ミニニノミヤの開催に向けての話し合いを行いました。

◆ まずは、お互いの名前をおぼえよう〜アイスブレイク

会議が始まる前に、担当するお店ごとに着席し、ひとりずつ順番に名前と好きなものを言って自己紹介をします。次の人は、前の人の自己紹介を復唱して、自分の自己紹介をします。その次の人は、自分の前に自己紹介した内容をすべてつなげて話さなくてはいけません。後になるほど、自己紹介が長くなって、覚えきれずに大変!メモをとって場を仕切るひと、自分の名札をみんなに見せて助ける人、「好きな食べ物」を言うルールなのに、「ドッヂボールが好きです」と発言して爆笑が起きたりして、楽しく助け合いながらお互いの顔と名前をまず覚えるところから、子ども会議がはじまりました。

◆ ミニニノミヤとはなにか

子どもリーダーは、家族や友達に、ミニニノミヤのことを説明する機会がこれから増えると思います。また、そのような機会をふやしてもらい、たくさんの方に協力していただき、子どもたちに来場してもらうことで、成功につなげましょう。多くの方に、ミニニノミヤのことを知ってもらいましょう。

子どもたちが、ミニニノミヤとはなにか、そこで自分がなにをするのかをあらためて理解し、当事者意識を強く持ってもらえるようお話しました。

この日は予定を入れないようにしてね!

 

◆ ミニニノミヤ大成功まちがいなし!3つのちから

ミニニノミヤを成功させるために、発揮してもらう3つの力。大人も子どもも初めて体験する大イベントの運営。何を目標としてこれからがんばるのか。なにを成功とするのかをお話しました。

失敗なくブースを運営できることや、多くの来場者に楽しんでもらえることももちろん成功ですが、なによりも、子どもリーダーたちが楽しかった!と感じ、子どもたちの内にある「進んで取り組む力」「人とつながる力」「楽しむ力」を発揮させて、成長することではないかとお伝えしました。

◆ 第2回リーダー研修「イベント企画の方法」と子ども会議の関係

6月23日に開催された「第2回 リーダー研修」では、イベント企画の方法をテーマに、ミニニノミヤを開催するならなにをやりたいか のアイデア出しを行いました。今回の子ども会議は、そのアイデアをもとに、実現可能な計画を立て、「ミニニノミヤ」を自分たちの手でつくりあげるための準備をするということを、子どもたちと確認しました。

◆ 子ども会議で行う内容

第1回、2回は主に企画と準備

第3回、4回は、制作と練習、設営を行います。

◆ ミニニノミヤは、4種類(+1)のお店/施設がある

まち全体の運営にかかわる仕事をする、公共。
6年生の子どもたちが中心になって、たのしい遊びの体験を提供する「お店」(遊び体験)
工房で作った雑貨やおもちゃの店、おやつを販売する「お店」(もの/おやつを売る)
お店で売る雑貨屋おもちゃをつくる、「工房」
このほか、アート・建築系の仕事があります。

 

◆ ミニニノミヤのしくみ

来場者は、町役場で町民証を受け取り、おしごとセンターに行き、仕事を紹介してもらい、各「お店」に仕事に行く。その後、銀行で働いた分のお給料を引き出し、そのお金で買い物をしたり遊んだりする。

 

◆ ミニニノミヤのひとたち

ミニニノミヤを運営する人、来場する人の分類表。子どもリーダーたちも、休憩時間には、他のブースで遊んだり、好きな仕事をすることもできます。でも、基本的にはブースをしっかり運営してもらいます。

 

◆ お店のなかではどう動く?

遊び、体験のおみせでは、働きに来る子どもの受付と、遊びにくる子どもからお金をもらう受付の2つを分けて作りましょう。

ものを販売するおみせのパターンも、同様にお仕事の受付と、買い物に来た人のレジを別に作りましょう。公共と工房は、「遊び」は提供していなくて、「おしごと」だけなので、受付は1箇所でOKです。

◆ 自分のお店の位置を確かめよう

ラディアンの中に、自分たちのお店が設定されています。レイアウトは、使用するスペースに合わせて企画してください。椅子やテーブルなど大きなものや、自分たちで作る小道具など、なにが必要になるか、徹底的に考えて、後半行うミーティングで企画書にまとめてください。
*この館内マップは検討中のもので、当日までに変更になっている可能性がありますので、ご注意ください。確定分は当日会場でお配りする予定です。

◆ そして、後半に続く

このあと、各ブースを担当する大人スタッフ全員の自己紹介と、この日に作成する書類の説明がありました。

◆ 作った書類は3種類

(1)メンバーリスト、(2)お店届(概要と、準備物、スケジュール)、(3)レイアウト(備品)をみんなでワイワイしながら作っていました。

◆ 次回は12月7日(土)

次も、たくさんのやる気まんまんの子どもリーダーと、サポーターの大人のみなさんで、しっかり話し合って作業に入っていただけるよう、運営委員会も準備をがんばっていきます。

みなさまの、ご支援、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。


令和元年度 子ども会祭り「ミニニノミヤ」

日時
2020年2月9日(日)9:30-15:00(来場者受付9:00〜)

場所
二宮町生涯学習センターラディアン
神奈川県中郡二宮町二宮961番地

参加費
無料

来場対象者
二宮町在住の小学1年生〜6年生(子ども会未加入も含みます)
*未就学児のお子様:一部のプログラムを未就学児向けに開放予定
*中学生・高校生:大人スタッフとして参加してください

主催
二宮町子ども会育成会連絡協議会

運営
子どもリーダー(二宮町子ども会加入の5年生〜6年生 のうち立候補者 50人)
二宮町子ども会育成会連絡協議会 子ども会祭り運営委員会
(一色・緑が丘子ども会育成会、元町北子ども会育成会、上町子ども会育成会、下町子ども会育成会、釜野子ども会育成会)

詳しくはこちらをご覧ください
https://ninomiyamachikoikuren.com/