第5回 定例会が開催されました (2019年9月21日)

※ 10/12、ドッヂボール大会の [高学年の対戦表] について内容を少し更新しています ※

 

今回の【議題】と【議事録】をご報告します。

 

また、当日 配布した資料も各リンクをクリックして頂ければダウンロード可能となっておりますのでご利用ください。

 

  • レクリエーション(ドッジボール)大会について

配布資料をもとに下記の説明を行いました。

 

【説明内容】

 

・単子さんテントは20日(日)持ち込み可能だが組み立てはできません。

組み立ては22日(火)当日朝6時からOKです。

・駐車場に限りがあるため、車でご来場される場合は乗り合いでお願いしたいです。

駐車券は、10月14日のスタッフ会議時にて配布予定です。

・大会当日で使用するボールの紹介をしました。

尚、このボールは貸し出しもできます。 (合計12個あります)。

・大会の様子を広報用に撮影予定です。

写真ビデオ等で、顔出しNGのお子様がいる場合は申し出てください。

・午前中で敗退してしまったチームの子どもたちが退屈しないよう、午後にもしっかり試合を組み込むよう計画しています。

・ドッチボールルールについて動画を作成しました。

 

  • 子ども会祭りについて

・子供会祭りの概要説明を改めて行いました。

 

【説明内容】

 

・従来の子ども会祭スタイルではなく、今年度は子どもが作るこどものまち、「ミニニノミヤ」 をとりいれた理由について、下記のように説明を行いました。

 

*目的* 子どもの主体性を引き出すこと

 

…従来は大部分を大人がセッティングしていたものを、子ども自身が企画し自分たちで実施する部分を増やすことで、 子どもたちの主体性の引き出しをねらいます。

また、毎年選出している「子どもリーダー」の育成を、この「ミニニノミヤ」の行事を通じて、今後どのようにしていくかを検証してみたいと考えています。

「こどものまち」ということで、子どもがこの行事の主役になることが第一の意義です。

町内に16ある子ども会の”くくり”を取り払い、全体で交流を行ってもらい、実現を目指します。

こどものまちは、ドイツのミュンヘンが発祥で、その流れを汲んで神奈川県内や、日本各地で開催されており、それらを参考にしています。

ミニニノミヤが、主に参考にしたのは、綾瀬市で実施されている「ミニあやせ」です。

「ミニニノミヤ」の準備作業を通じて、我々大人たちも、基本姿勢(可能な限り、子供たちのやることには手を出さずに見守る)、ということを学んでいき、また、育成会のあり方についても改めて考えたいと思っています。

また、子どもたちを主体とすることで、運営委員会の役員さんたちの負担の軽減、広報効果の向上、そして子ども会活動を知ってもらうことも目的としています。

今年度の「ミニニノミヤ」事業はトライアルで、好評であれば定例行事にしたいと考えています。

 

「ミニニノミヤ」 開催に向けて 「子ども会議」 の開催を予定しています。

「ミニニノミヤ」の前日準備を含め、合計4回の開催を計画しています。

第一回目は11月10日(日)です。

「ミニニノミヤ」イメージイラストを募集しています。

・雑貨工房の出店があります。ご家庭で不要になってしまったおりがみや画材など工作用の資材についてご提供いただけたら助かります。

・「ミニニノミヤ」会場となるラディアン館内の使用エリアについて、現在確定・検討していることについて説明しました。

イベント広場(南側駐車場)では、昨年の子ども会祭のように「自然塾」さんや「おひさまが丘」さん等、外部の団体にも何らかの出店をお願いしているところです。

未就学のお子様が楽しく過ごせるようなスぺースも用意する予定です。

・従来の、有料の食事の模擬店の出店は、今年度はありません。子どもたちのおやつのおみせを出店し無料で提供します。

 

  • 次年度について

連絡協議会の規約や、育成会事業目的についての確認を行い、育成会としての活動を通し、子どもたちだけでなく大人も学びの機会を得る等の確認を行いました。

しかしながら二宮町を町として良くしていくためには、これら事業内容の変更も必要かとも考えます。

刻々と移り変わる時代背景に合わせたスタイルになるよう、今後も検討を続けていきたいと思います。

また、従来 子ども会の6年生から選出していた「子ども会リーダー」について、子ども全体の人口減の観点から、次年度から対象を5年生、6年生で検討しています。

その他、次年度以降の、野外活動、リクレーション大会、子ども会祭の3大イベントについての是非について各子ども会の役員から意見を頂きました。

以上

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。